« 就職活動 | トップページ | ショーツの種類 »

2021年2月18日 (木)

日本における「パンツ(下着)」の意味

日本では、1970年代までは女性の下着を指す言葉として「パンティー」が一般的であったが、1980年代後半ぐらいから男女・年齢の区別なく使われる「パンツ」が広く用いられるようになった。日本の下着業界では、女性用・女児用を「ショーツ」と呼称している。(※英語で「shorts」といえば半ズボンの意味になるので注意。)なお、子供用については男児用は「パンツ」、女児用は「パンツ」または「ショーツ」と呼ばれる。



オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着

 

« 就職活動 | トップページ | ショーツの種類 »

一般情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 就職活動 | トップページ | ショーツの種類 »