« 除脂肪体重の推定法 | トップページ | 身体のたるみ »

2021年2月 5日 (金)

セルライトの対処法

アメリカ皮膚科学会 (AAD) の情報ページでは、セルライトは脂肪そのものではないため脂肪除去に効果的な方法がセルライトに効果があるとは限らないとし、体重の減量ではセルライトを目立ちにくくするが、減量によって皮膚にたるみが生じた場合には逆に目立つことがあるとし、脂肪を筋肉に置き換えると目立たなくなるとしている。ほかに最良の証拠があるとされているのは、サブシジョンのセルフィーナ (Cellfina) による2年以上の効果とその真空補助による3年以上の効果、セルレイズ(Cellulaze)というレーザー(1440nm Nd:YAGレーザー)では少なくとも1年の効果、また音波療法による分解がある。レーザーによる脂肪吸引や超音波では不確実であり、推奨できない方法は、クリオリポリシス、成分が各社多様であるメソセラピー(脂肪溶解注射)、カフェインやイチョウなどのサプリメントではセルライトを減少させる証拠がない。

セルフィーナは、FDAによって長期的にセルライトを治療するとして承認されており、手動あるいは真空補助で使われ、1度の施術で3年目でも効果が持続していることが確認されていたが、アメリカ皮膚外科学会で5年目まで確認されたことが報告され、最大5点のセルライトの重症度尺度は、3か月で2.1点、3年目で2点、5年目で1.8点減少していた。レーザーのセルレイズは1度で効果がある。音波療法には、セルアクター (cellactor) や Z-wave があり、圧力波が脂肪分解を促進し、平均7回の施術を受けるが麻酔は不要である。またFDAが承認した新しい世代のRF(高周波)照射装置には、ベラスムース (VelaSmooth)、ベラシェイプ (VelaShape) などいくつかの装置があり10回前後の施術が必要となる。

アメリカ皮膚科学会の情報ページでは外用薬としてレチノール(ビタミンA、レチノイド)やアミノフィリンを挙げている。2014年のメタアナリシスでは、21件の研究がありそのうち7件に比較対象があり統計解析によって、セルライトを減少させる化粧品は大腿部の周囲の長さ(太さ)を中程度に減少させていると結論し、成分では半分でキサンチン、薬草成分、レチノイドのみが有効成分であり、残りの大部分はキサンチンを含む配合クリームであった。レチノイドや、アミノフィリン、テオフィリン、カフェインといったメチルキサンチンがセルライト用クリームによく配合され、主な製造メーカーはブリス(英語版)、クラランス、資生堂など。成分ではほかに蓮、コレウス・フォルスコリ、カルニチンなど多様に配合されている。

カルシウムハイドロキシアパタイトの注入剤も使用される。



オーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミ

 

« 除脂肪体重の推定法 | トップページ | 身体のたるみ »

一般情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 除脂肪体重の推定法 | トップページ | 身体のたるみ »