« 体重の測定 | トップページ | セルライト »

2020年12月 9日 (水)

座高

座高は、椅子に上体を真っ直ぐにして腰掛けた時の、椅子の面から頭頂までの上体の高さ。

座高は上半身発達の指標とされたが、その測定の意義は不明確であった。

日本では、1935年頃には、内臓が発達していれば健康だと思われていて、座高が高ければ内臓が発達していると言われていた。1937年(昭和12年)の学校身体検査規程の改定から追加され、学校では身体測定で測定されてきた。1958年(昭和33年)からは学校保健法に定められた(のち2009年(平成21年)に学校保健安全法と改題)。しかし「測定に意味がない」「結果が活用されていない」などの理由により、2014年(平成26年)に学校保健安全法施行規則を改正、2016年(平成28年)4月より規定の診断項目から除外された。

なお、一般には身長から座高を差し引いた数値は下肢長の指標として認識されている。しかし、厳密には身長から座高を差し引いた数値は下肢長の長さ(上前腸骨棘から床面までの直線距離)とは一致しない。



オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着

 

« 体重の測定 | トップページ | セルライト »

一般情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 体重の測定 | トップページ | セルライト »