« ブラジャーの歴史 日本 口コミ 評判 | トップページ | ブラジャー カップのカバー面積による分類 »

2020年4月17日 (金)

ブラジャーの形状

ブラジャーには、乳房をどの程度覆うか、どのように支えるか、どのように固定するか、という形状について様々なヴァリエーションがある。

ブラジャーは、以下の構成要素より成る。

カップ : バストを包み込む、お椀の形の部分。乳房に合わせて左右に1つずつで、2つのカップがある。
ベルト : 基本的に、アンダーバスト部分で胸部を一周する形で囲む細い帯で、2つのカップを結び、更に背中まで回りカップが外れないように固定する役割を持つ。ヌーブラのようにベルトが無いタイプもある。
ストラップ : 肩紐とも呼ばれる。ブラジャーはストラップにより肩から吊るす構造になっており、通常はカップ部分の左右端から斜めに伸び、肩を廻り背中でベルトに繋がる。ナイロンやウレタン製で長さの調整できる場合が多い。ストラップがない「ストラップレス」タイプのものがある他、ヌーブラにはアンダーベルトやストラップ自体がない。
ホック : ベルトを止めるための部品。ベルトは装着しやすいように多くは背中の部分で繋がっておらず、ホックを止めることで繋ぎ合わせる。ホックは背中側にあることが多いが、左右のカップの間にホックがあるフロントホックの製品もある。また、ハーフトップ等と同様に頭からかぶるタイプなどホックを持たない製品もある。



オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売

 

« ブラジャーの歴史 日本 口コミ 評判 | トップページ | ブラジャー カップのカバー面積による分類 »

一般情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ブラジャーの歴史 日本 口コミ 評判 | トップページ | ブラジャー カップのカバー面積による分類 »